VisualStudio 2019でOpenCVを使う

  1. VisualStudio 2019のCommunityエディションをインストールする。
  2. OpenCVをダウンロードする。https://sourceforge.net/projects/opencvlibrary/files/
  3. OpenCVを適当な場所に展開する。
  4. 展開したディレクトリの中の、build\x64\vc15\binをパスに設定する。
  5. プロジェクトのプロパティを開き、「すべての構成」「x64」を選択する。
    *VC++ディレクトリ > インクルードディレクトリ
    *VC++ディレクトリ > ライブラリディレクトリ
    にそれぞれ、includelibのパスを入れる。
  6. リンカー > 入力 > 追加の依存ファイル に 構成が「Debug」のタブでは「opencv_worldxxxd.lib」、「Release」のタブでは「opencv_worldxxx.lib」を記入する。xxxにはバージョンを入れる。dはデバッグ用の、という意味。

以上でC++でOpenCVが使えるようになります。

#include <opencv2/opencv.hpp>

int main()
{
    Mat image = cv::Mat::zeros(64, 64, cv::CV_8UC3);
    cv::imshow("demo", image);
    cv::waitKey(0);
}

画像処理でお困りのことはありませんか?


様々なご相談に応じることができます。様々なデータに関して解析の実績がありますので、処理方法について少しだけ相談に乗って欲しいという方も、実装までお願いしたいという方も、お気軽にお問い合わせください!