Geanyエディタで開発環境を整える

私はGeanyというエディタを使っています。実は、このサイトの通りにOpenCVをインストールしていれば、すでにGeanyはインストールされています。今回は、私の使っている便利な設定を紹介します。 まず、「ビルド」>「ビルドコマンドを設定」の順にクリックします。開いた画面で、「コマンドを実行」の「実行」の部分を ”./run.sh” %f に書き換えます。

geany

次にソースコードのある場所と同じ場所に次の内容を記述したrun.shという名前のファイルを作成します。作成した後には 右クリック > Properties > Permissions > Allow this file to run as a program にチェックを入れておきます。

#!/bin/sh
g++ $1 -o $1.out `pkg-config --cflags opencv` `pkg-config --libs opencv`
./$1.out

以上の設定によりGeanyの歯車のマークをクリックすることで自動的にコンパイル、実行ができるようになります。

画像処理でお困りのことはありませんか?


様々なご相談に応じることができます。様々なデータに関して解析の実績がありますので、処理方法について少しだけ相談に乗って欲しいという方も、実装までお願いしたいという方も、お気軽にお問い合わせください!